艶湿呼吸肌と言えば、はたけなう真心化粧品
商標登録番号:5987060号

column

コラム

2021/01/26

【香料】による被害について  化学物質過敏症

近隣の洗濯物や職場、学校などで充満する「香害」

脳に直接影響を及ぼす「香り」の化学物質|深刻な「香害」の実態

化学物質過敏症を知ってください

化学物質過敏症とは

衣料用洗剤や柔軟剤 あるいは、シャンプートリートメント等ヘアケア製品、ボディ製品 消臭フレグランス系スプレー などに含まれる香料等の特定の化学物質に対して、過敏に反応し、頭痛や吐き気などの症状を誘発される方がいます。発症の仕組みについては、未解明な部分があり、治療法も確立されていないため、原因不明の体調不良や周囲の理解がないことで苦しんでいる方への対応が、十分ではない現状があります。

重症になると、仕事や家事が出来ない、学校へ行けない…など、通常の生活さえ営めなくなります。

また、このコロナ中、喚起をしようにも、窓を開けるだけで、近隣に柔軟剤による被害が出ています。

天然アロマ系オイルでも、アレルギーを起こす場合もございます。

まさに、【生き地獄】を味わっている小さなお子さん大人達・・・

香料により、肌荒れ・シミ・ニキビ・顔ダニ・湿疹・かぶれ・他 肌トラブルが続出してます。

化学物質過敏症の症状

頭痛、吐き気、鼻水、耳鳴り、のどの痛み、せき、どうき、息切れ、湿疹、目がチカチカするなど、アレルギー反応や喘息を誘発するなど様々な症状があります。

参考までに・・・こちらをご覧ください。

●香害-日本アトピー協会

http://www.nihonatopy.join-us.jp/now/atopynow_2018_05_06.pdf

 

●化学物質過敏症支援センター

https://cssc4188cs.org/

 

●【期間限定 4月28日まで】公開講座・学長最終講義 公害としての「香害」ー柔軟剤で脈は乱れ、ペットは倒れる

前の記事 :
次の記事 :

一覧に戻る

 

Access

〒156-0043 東京都世田谷区松原2-45-2 レインボー591ビル4階

Shop Info

お試し体験1000円OFF
お気軽にお問い合わせ下さい!

受付時間13:00~21:00

※エステ・来店の際はお電話でご予約となります。

ページの先頭へ