はたけなう真心化粧品に,使われている成分について

少しずつ載せていきます! 

甘草(グリチルリチン酸ジカリウム)

カンゾウは漢字で「甘草」、英語では「Licorice」と書くマメ科の植物で、中国、ロシア、中央アジア、中近東、欧州などに自生する多年生植物です。
甘草は、薬用植物として世界中で利用されており、「生薬の王」とも称されています。その歴史は4,000年にわたるとされており、古代バビロニアのハムラビ法典に薬として記述されている、また、古代エジプトのツタンカーメン王の墓地から甘草が発掘されたなど、数々の逸話があります。日本には中国より渡来したと考えられ、正倉院にも生薬としての甘草が保存されています。

・ 抗炎症、抗アレルギー作用
  - アラキドン酸代謝経路阻害作用
  - 肥満細胞からのヒスタミン遊離抑制作用
    (ヒアルロニダーゼ活性阻害作用)

・ 敏感肌症状改善作用
  - NGF(神経成長因子)mRNA発現抑制作用

・ ヒトボランティア試験における化粧品塗布時の不快感
  (スティンギング)抑制作用
  (外原規グリチルリチン酸ジカリウム配合製剤にて実施)

↑メーカー引用
   

 

カンゾウ根エキス

マメ科植物カンゾウの根及び根茎より抽出されたエキスです。成分としてはグリチルリチンを含み、この他にリクイリチン、イソリクイリチンなどのフラボノイドを含んでいます。甘草は古く4000年の昔、メソポタミアの渓谷で発見され、強壮剤、美容薬として用いられたのがその起源とされています。
 このグリチルリチン酸は、優れた抗炎症作用を示す成分として、医薬品、医薬部外品、化粧品の分野で現在、最も汎用されている成分の一つです。
 また、グリチルリチン酸の他にも、数種のフラボノイドなどを含みこれらの成分が優れた美白作用を有することも確認されました。
 さらに、近年、アトピー性皮膚炎患者の増加により、強い抗IV型アレルギー作用や保湿効果を有するカンゾウエキスが注目され、浴用剤に多く配合されるよう になりました。

●「美肌スイッチ」とも呼べるプロテオグリカン

お肌の基である真皮を形作るプロテオグリカン。
真皮ではコラーゲンやヒアルロン酸の産生を促しハリやツヤを保ち、自らの保水能力とEGF様作用によってエイジングからお肌を守ります。
つまり、プロテオグリカンはお肌がより若々しく保たれるように働き出す、美肌スイッチのような存在です。

 

プロテオグリカンは、肌の細胞の増殖や、ヒアルロン酸、I型コラーゲンの産生を促し、なおかつそれ自体高い保水能力を持ち、肌荒れ、シワ、肌の弾力、メラニン生成抑制作用や色素沈着改善作用も確認され、若々しい肌を保ちます。ここでは、その美容効果をもたらすプロテオグリカンの主な機能とその仕組みについて、ご説明いたします。

EGF様作用によるエイジングケアへの効果

EGF(Epidermal Growth Factor)とは「上皮細胞増殖( 成長) 因子」と呼ばれ、細胞の成長と増殖の調整に重要な役割を担っています。
このEGFは、年齢とともに減少します。年代的には20代後半から急激に減少し始め、70代では20代の1/6にまで減少すると報告されています。こうしたEGFの減少は細胞の再生能を低下させ、ターンオーバーを遅らせて肌老化の原因となります。

真ん中緑色の線がコアタンパク質。その一番下にEGF様領域があります。
プロテオグリカンのコアタンパク質にはEGF様領域が存在してますが、サケ鼻軟骨由来プロテオグリカンにEGF様作用のあることが、弘前大学のヒト線維芽細胞を用いた研究により確認されました。
つまりプロテオグリカンは、細胞の成長や増殖を促す機能がある、ということになります。

メーカー資料より